つわり ピーク いつ

つわり ピーク いつ

つわりのピークっていつ?

つわりは一般的に、妊娠4週〜7週頃に症状が現れ始める人が多いようです。早い人では3週よりも前、遅い人だと8週〜9週と、人によって差があります。
7週〜11週につわりのピークを迎える人が多く、12週〜13週で軽くなり始めます。これも早い人では8週〜10週で軽くなることがありますが、もっと長引く人もいるので、大体の目安に考えてください。
つわりが終わったと感じるのは12週〜17週だという妊婦さんが多いようなので、それまでは健康な赤ちゃんのために頑張りましょう。

 

つわりは未だにはっきりとした原因が分かっていません。しかし、ストレスや疲れなどの影響からかつわりのピークが長引くことがあるようです。
つわりのピークが長いというのは、それだけ症状が重いということですが、逆に症状が軽くつわりのピークが短い妊婦さんもいます。
ピークが短いだけであれば特に問題はないですが、急につわりの症状が無くなったなどで短くなったと感じる場合は何らかのトラブルも考えられるので、注意しましょう。

 

つわりのピークも人によって異なるので、だんだんと症状が現れる人や、ピークを過ぎれば急に落ち着く人、長くピーク時の症状が続く人など様々です。
また、つわりのピークが無い場合もあります。安定期に入るまで常に吐き気や食欲不振が続く場合です。ただこれも出血があるとか、体重が急に増減するなど心配事が無ければ問題はありません。

 

つわりの症状ごとに対処法をご説明しておきましょう。少しでも症状が軽くなれば良いですね。
1.食事
つわりがひどい時は無理して食べる必要はありません。つわりが起こる妊娠初期の頃は母体から直接赤ちゃんへ栄養が届くわけではないので、無理のない範囲で”食べられるものを・食べれる量だけ食べる”ことで大丈夫です。
この頃は栄養バランスや、食事内容などは気にせず、食べれるときに自分が食べれるものを食べることで良いです。

 

2.仕事などで無理をしない
働いている妊婦さんであれば、休みや勤務時間を短くすることを相談してみましょう。家事なども旦那さんにも協力してもらって無理をしないことが大切です。
スーパーのにおいが受け付けなくなったという人も多いので、ネットスーパーを利用するなど、便利なものを利用したり手抜きをするなどで構いません。

 

3.冷え
妊娠中の冷えは、つわりを悪化させたりお腹が張ったりすることがありますので、体を冷やさないようにしましょう。
夏場のクーラーもあまり当たりすぎるのは良くありません。

 

4.飴やガムを持ち歩く
外出中に吐き気で気持ちが悪いとき、飴やガムを口にすることで気が紛れることがあります。出来れば、体調が悪くなる前から口にしておくことが良いとされます。
また、ミントは大量摂取してはいけないので、ミント系のガムなどは食べ過ぎないようにしましょう。

 

5.気分転換
つわりで体がしんどい時はなるべく動かないようにしていることが多いでしょうが、それでは返ってストレスが溜まる原因になります。
DVDを見たり、旦那さんや友人と外出するなどして積極的に行動することで気分転換ができます。
体を動かしている方がつわりがマシだと言う人もいますよ。